kMailer

メールの送信エラーを検知するために

kMailerでは、メールを送信する際に、メールサーバーまで情報を渡せるかどうかを判断し、kintone内の「送信履歴アプリ」に成功/失敗の種別を登録します。この失敗を担当者に通知することで、素早く気づくことができ、お客様フォロー等に活用することが可能です。ここでは、その通知の設定方法をご紹介します。

  1. 「送信履歴アプリ」の設定に進みます。
  2. 設定内の「レコードの条件通知」へ進みます。
  3. 条件通知の設定を行います。
    ①では、「SMTPサーバーへのリクエスト」に「失敗」が入った場合、という条件を入力します。 ②では通知内容です。kintone内やメールに使用される文言となります。 ③は通知先です。ここで設定する通知先ユーザーは固定となり、メールの送信者によって変更することなどはできません。(「フォームのフィールドを追加」から、お客様の選択したフィールドに合致したユーザーに通知することは可能です)
  4. 設定の保存、アプリの更新を行い、完了です。

上記で検知できるのはあくまで「SMTPサーバーへのリクエスト」の失敗であり、送信先に実際に届いたか否かを判断できるものではありません。 具体的には「宛先フィールドが空」「宛先のメールアドレス形式が不正」「メールサーバーの送信回数上限を超えた」等は検知が可能ですが、「メールアドレスの誤り」や「送信先の拒否設定」などは検知できません。